Blogブログ

2020/04/27

A(Choice)~スカンジナビア半島からの刺客~

  • イメージ01
  • イメージ02
  • イメージ03

皆様、こんにちは。A(C)です。

 

 

 

 

 

またまた悪い癖が出てしまい、数日空いての更新となります。

 

ブログを書こうと思い立ち、何度かPCの前に構えはしたものの、幾度となくあの気持ちが邪魔をしてくるのです。

 

 

 

 

「俺のブログ、誰が興味あんねん」

 

 

 

 

と。

 

 

 

 

そんな中、週末にご来店いただいた顧客様にブログの更新について話をしていたのですが、

 

「僕は毎回楽しみにしていますし、ちゃんと読んでますよ。」

 

と、涙の出るような返事をくれましたので、今後も引き続き葛藤しながら更新を続けていきたいと思います!

 

 

 

 

さて、本日もA(Choice)させていただきました。

 

 

日本人が大好きな北欧・スウェーデンが誇る人気ハウスブランド【Acne Studios】より、パテントレザーローファーです。

 

 

 

 

ご存じの方も多いとは思いますが、まずはいつも通り【Acne Studios】とはなんぞい?というところから。

 

 

アクネの歴史は1996年にはじまる。

 

アクネ(Acne)の事業がスタート。

もともとはライフスタイルブランドの支援を事業としていたが、その一方で、アクネとしてのブランド設立、商品展開も視野に置いていた。

多くの製品の広告、グラフィックデザイン、TV、ネットゲームなどに関わる一方で、顧客や知人用にユニセックスのジーンズ制作などを行い、雑誌等で注目を集めた。

これが後のアクネジーンズのブランドとしての基盤となった。

現在に至ってもブランドであると共に、クリエイティブ集団としての活動も続けいている。

 

98年、ジョニー・ヨハンソン(Jonny Johansson)がクリエイティブディレクターとなり、アクネジーンズとしてのコレクションをスタート。

最初はデニムが中心だったが、レディース、メンズ共に、アパレル製品全般、シューズ、下着などのコレクションも発表。

現在ではライフスタイルを提案するファッションブランドとしての地位を確率している。

 

 

 

 

ってな、ブランドになります。

 

 

 

 

「こんだけ説明しといて、ジーンズをチョイスせんのかい」

 

 

 

 

という声も聞こえてきそうな流れではありますが、ここはあえて靴攻めでいきます。

 

 

 

 

数年前から長く続いているスニーカーブームの影響で、しばらく日の目を見ることがなかった革靴ですが、ここ最近はお洒落玄人の間で人気復活の兆しが出てきております。

 

ローファーといえば、やはり拭いきれない「カジュアル感」なのですが、こちらのローファーはパテントレザーを使用しており、かなりドレッシーな印象を受けます。

 

店主のように(写真参照)スラックスで合わせるも良し、デニムやチノなどのカジュアルパンツと合わせるも良し、コーディネートの幅は意外と広いアイテムなんじゃないかなと思います。

 

 

 

「スニーカーはちょっと飽き飽きしてきたけど、まだサンダルを履くにはちと早いしな~」

 

 

 

 

って思いに更けているそこのあなた、ローファーという選択肢もアリなんじゃないかと思います!!!

 

※こちらの商品はA(C) Online Shopでもご購入いただけます。

 

 

 

 

本日はここまで。

またの更新をお楽しみに。